コーヒーロースト オリティエ BLOG

埼玉県越谷市の自家焙煎コーヒー豆『コーヒーロースト オリティエ』です。煎りたて新鮮なコーヒー豆を販売します。

氷後入れ急冷式!!

こんちは!オリティエの佐野です。
昨日に増して暑いっ!!
アイスコーヒーが染み渡りますよ。


 
というわけで、今回は、
美味しいアイスコーヒーの淹れ方(作り方)をご紹介!
このやり方は、他ではあまり見かけませんね。
絶品のアイスコーヒーに仕上がりますよ。

まず、前提として、
当店がおすすめしている方法は、
『氷後入れ急冷式』なんていう抽出なんですが、
作る量が100cc~200ccの少量だと、
氷がうまく混ざらず、急冷がしづらいので、
最低量として300cc以上を作ることをおすすめしています。
ここでは、わかりやすく400ccのアイスコーヒー作っていきます。
基本は、ホットコーヒーのドリップと同じです。

はじめに、粉の準備です。

f:id:coffeeroast-oritie:20170521104327j:plain
ホットコーヒー同様、
100ccあたり10gの粉を使用します。
使用するのは、焙煎がやや深く、細挽きのものです。

粉を準備したら、ドリップしましょう。
その際、氷と泡立て器(あまり硬くないもの)を
手元においておきます。

f:id:coffeeroast-oritie:20170521104802j:plain


まずはコーヒー豆を蒸らして…

f:id:coffeeroast-oritie:20170521104902j:plain
あとは、ホットコーヒーのように
優しくドリップしていきます。

で!
アイスコーヒーの場合は、
最終的に作りたい量の、半分で、
ドリップをやめます。
今回は、400ccのアイスコーヒーを作りたいので、
200ccのところで、抽出をやめます。

f:id:coffeeroast-oritie:20170521105239j:plain


抽出が終わったら、温度低下する前に
残りの半分量の氷を入れていきます。
なるべく早く!迅速に!
温度低下し始めてしまうと、
若干苦味が残ってしまいます。

f:id:coffeeroast-oritie:20170521163634j:plain

氷を入れたら、泡立て器を使用し、
すぐさま撹拌し、急冷します。
ここの急冷が遅く、
温度低下がゆっくりになってしまうと、
苦味が強く残り、すっきり感が薄れてしまうので、
ここもできるだけ早く!です。
で、撹拌する際に、あえて泡だてていきます。
泡立てることで、コーヒーにフタをして、
香りを閉じ込め、香り豊かなアイスコーヒーに仕上げます。

f:id:coffeeroast-oritie:20170521164335j:plain

これで、美味しいドリップアイスコーヒーの出来上がりです!
一般的なアイスコーヒーの作り方は、
氷を入れたサーバーに、
コーヒーをドリップするやり方が、主流ですが、
そのやり方だと、温度の下がりが緩やかなので、
苦味が強めになるんです。
この急冷式でつくることで、
喉ごし抜群!グイグイ飲める!
アイスコーヒーに仕上がりますよ。

店頭では、実演もしていますので、
ぜひご来店いただき、間近でご覧下さい!

f:id:coffeeroast-oritie:20170521172354j:plain



広告を非表示にする