コーヒーロースト オリティエ BLOG

埼玉県越谷市の自家焙煎コーヒー豆『コーヒーロースト オリティエ』です。煎りたて新鮮なコーヒー豆を販売します。

繊細な味わい

こんちは!オリティエの佐野です!
週初め!今週もマイペースで、
コーヒーとともにゆったり過ごしましょう!


 

当店では、30種類以上のコーヒー豆を
取り扱っておりますが、
お買い物の際、豆選びは、
どうしても偏ってしまいがちではないですか?
自分もそうで、
ごはん屋さんに行ったりしても、
自分の中での定番でいつも落ち着いてしまいます。
ラーメン屋さんとか特に!

話はそれましたが、
当店をご利用のお客様には、
いろいろな種類のコーヒー豆で、
コーヒーを召し上がっていただきたいと考えています。
それには、まずお店側がしっかりと
コーヒーの味を理解することが重要!
ということで、毎日、
いろいろなケースを想定して、
コーヒーテイスティングしています。

f:id:coffeeroast-oritie:20170619104535j:plain
そのテイスティングの際に、
「コーヒーフレーバー」というものを
記録して、コーヒー豆のご案内に活用しています。
いわゆる「チョコのような」とか
「オレンジのような」といった、
「味の例え」がコーヒーフレーバーです。
これは、
「フレーバーホイール」というものを参考にして
記録しています。

f:id:coffeeroast-oritie:20170619110332j:plain
このフレーバーを連想するのが難しい…。
体験したことのある味でないと
関連付けて連想することができないので、
自分の味覚の幅の狭さを実感しますね(^o^;)
できれば複数人でテイスティングをすると、
いろいろな表現が飛び出してくるので、
新たな発見につながるんですね。
現状は一人でやるしかないので、
そこは苦労しています汗

このテイスティングは、
煎りたてのコーヒー豆ではできません。
焙煎後2~3日後以降で、
さらにテイスティングの前日に粉に挽いて、
コーヒー豆から放出される炭酸ガス
出し切ってからでないと、
本来の味がわからないのです。

新鮮な豆は、ドリップしたときに、
ふわ~っと膨らみますが、
豆本来の味を楽しむという面では、
あまり膨らまない方が望ましいのです。
ですが、全く膨らまないというのもよろしくないので、
蒸らしたあと、2投目のアクと一緒に
やや膨らむぐらいがちょうど良いです。
難しいですね~(;・∀・)

ご利用の皆様も、コーヒーを召し上がる際、
苦い・酸っぱい・マイルド
だけでなく、
フレーバーを連想しながら召し上がると、
味覚の幅が広がって面白いですよ。

広告を非表示にする