コーヒーロースト オリティエ BLOG

埼玉県越谷市の自家焙煎コーヒー豆『コーヒーロースト オリティエ』です。煎りたて新鮮なコーヒー豆を販売します。

コーヒーの味の肝!オリティエ的 焙煎考察!

どもです。オリティエの佐野です。

自家焙煎コーヒー豆のお店なのに、

今まで焙煎に触れた記事がなかったので…汗

今回はコーヒー豆の焙煎についてご案内していきまーす!

 

 コーヒーの味は、"ほぼ"焙煎で決まる!!

ブログをご覧の皆様は、

どんな味のコーヒーが好みですか?

苦味?酸味?マイルド?

十人十色の好みがあるかと思いますが、

コーヒーの風味は、ほとんど焙煎度合で決まります!

  • 浅煎り…酸味・軽い・スッキリ
  • 中深煎り…マイルド・やわらか
  • 深煎り…苦い・重い・強い

ざっとこんな感じですね~(*´∀`*)

ただ、コーヒー豆が持っている性質によって、

焙煎が浅めでも、

苦味が出てしっかりとした強さのあるコーヒーになったり、

焙煎が深くなっても、

酸味が残り、あまり苦くならないものもありますけどね。

ま、大体は焙煎で決まりますよ。

 

コーヒーの美味しさの決め手は繊細な甘み!

コーヒーの美味しさを感じる要素として、

甘みというのが重要になってきます。

コーヒーの繊細なフレーバーは、甘みによるものが大きいです。

チョコのような、オレンジのような、ベリーのような、etc…

なんていうのは、焙煎度合による、苦味・酸味に加えて、

甘みが加わることで味わうことができるんですね。

 

コーヒーの甘みはどうすれば出るのか?

コーヒーの甘みは、

コーヒー豆の酸の質によって左右されます。

良質な酸を持っている豆ほど、芳醇な甘みが楽しめます。

なぜ良質な酸が必要か?

コーヒーの焙煎において、焙煎が深くなるにつれ、

コーヒー豆の酸が甘みに変わっていきます。

良質な酸ほど、甘みに変わる部分と、

ほのかに残る酸と焙煎の苦味が相まって、

深い味わいのコーヒーになるのです。

 

オリティエの焙煎のこだわり!

以上のことを前提として、

なるべく多くの方にコーヒーを楽しんでいただくため、

焙煎度合に関して、以下のことに注意しています。

 

f:id:coffeeroast-oritie:20170911122531j:plain

当店では、小型の焙煎機を使って、

目の前で焙煎を行っているわけですが、

この焙煎機は、コーヒー豆の水分を飛ばしながら、

焙煎を進めて行くタイプなんですね。

そのため、焙煎が浅すぎると水分が抜けきらず

生焼けになり、コーヒーが温度低下したときに

えぐ味が出やすくなってしまいます。

なので、どんなに浅くても、

ハイローストの終わりぐらいまで焙煎します。

そこまで焙煎をすることで、甘みもしっかり出ます。

深めの焙煎に関しても、深くしすぎないようにしています。

フルシティローストの真ん中ぐらいで、煎り上げますね。

深くしすぎると、苦いだけになりがちで、

コーヒー豆の繊細な味わいがなくなりがちです。

f:id:coffeeroast-oritie:20170911123512j:plain

 

オーダー焙煎可能!お好みの焙煎でこだわりコーヒーを!

とはいっても、これらは「お店からのご提案」です。

フレンチローストイタリアンロースト

強い苦みのコーヒーがお好みであれば、

コーヒー豆がツヤツヤになるまで焙煎します。

逆に、酸っぱいコーヒーがお好みの方には、

ハゼ途中のミディアムローストでの焙煎も歓迎です。

いろいろなことを試して飲んでみるのが、

コーヒーの醍醐味のひとつで、それが可能なのがオリティエです。

ぜひぜひこだわってコーヒーを召し上がって下さい。

広告を非表示にする